独立しても失敗しないフランチャイズを選ぶために

HOME » 独立できるフランチャイズをリサーチ » マッサージ店

マッサージ店

パソコンの普及により、肩こりや腰痛、頭痛などの諸症状に悩む人が増えています。

アロマを取り入れたマッサージやリフレなどを施すことで、疲れをとったり軽減することができます。また、気軽にできる点が女性にも受けているのでしょう、この業種で起業する人も増えてるようです。

■マッサージ店の概要
1)フランチャイズの形態・仕組み
マッサージやリフレを行っている店でスクール生を募集して教育し、終了後に支店で研修を受けながら働く形式。
通信教育を実施していることろでは、スクーリングで実地研修を受け、技術力をつけらえる。
個人にあった事業計画の立案・開業までのサポート、物件探し、収支シミュレーションを指導してくれる。

2)初期費用・資本金
500万円~(店舗物件、設備費、加盟料含む)
※契約内容や加盟するフランチャイズにより異なる

マッサージ店のメリット・デメリット

■メリット

  • 低資本金、小スペースで開業できる
  • 店舗営業だけでなく、出張サービスも可能
  • 年齢に関係なく、女性や年配者でも独立しやすい
  • 専門知識や技術力は必要だが、比較的早く開業できる
  • 他の業種に比べて運転資金が低額で済む

■デメリット

  • 競合が多い
  • 専門知識や技術力が必要で、腕のいいスタッフを確保するのが難しい
  • 需要はあるが、顧客が通いやすい場所に開業する必要性あり
  • 初心者を教育するのに時間と手間がかかる
  • 集客のための広告費が継続してかかる
  • 健康保険の対象外なので、料金が高い

「好き」だけで起業・独立すると…

好きだったというアロママッサージで開業した、20代後半元OL女性の体験談を紹介します。

彼女はパソコンを使う仕事をしていたせいか、肩や目の疲れがたまるとつらいらしく、「疲れもとれて元気になれる」とよくマッサージ店に通っていたようです。
なかでも、「香りの効果もあって心からもリラックスできる」アロマを取り入れたお店がお気に入りでした。

そんなある日、気に入っているお店のホームページに《スクール生募集、開業・独立したい人はご相談を》の文字が。
彼女は、「アロママッサージって若い女性もやっているし、自分でもできるのでは」と思い、早速相談してみることにしたのです。

そこは授業料も結構安く、実地でお店で研修できるとのこと。働きながら土日に授業を受けられるのですぐに申込みました。
確かにある程度は通って技術力と知識をつけられたといいます。
スクール修了後は系列店舗で働くこともできたのですが、彼女は開業の道を選びました。

マンションの一室でできるので店舗探しはそれほど苦労することもなく決められたようですが、やっぱり集客が難しかったようで…。
駅近くのサラリーマンやOLが多い場所でしたが、やはり競合のお店が多く、料金が安いところに流れてしまったのです。

また、いいスタッフを確保するのも難しく、腕のいい人は条件のいいお店に移ってしまい、自分ひとりで施術することに限界を感じてしまいました。

彼女は、「知名度もなく、素人同然の私がこれ以上続けていくのは難しい」と悟り、今はOLに戻って土日などの休みを利用し、お店でバイトをしながらマッサージの技術力や経営について勉強しています。

 
独立に最適なフランチャイズ業種の選び方