独立しても失敗しないフランチャイズを選ぶために

HOME » 独立・起業で成功するための要件 » フランチャイズで独立する前にすべき準備

フランチャイズで独立する前にすべき準備

時間の余裕があるときに念入りに準備をしておきましょう。実際に独立したら実務に追われて忙しくて、なかなか時間がとれないのが現実です。

また、失敗しないためにも事前準備はとても重要なことです。
準備が成功を左右すると言っても過言ではありません。

フランチャイズでの起業方法を決めたら、入念な準備計画を立てましょう。

独立に向けて準備しておくべきこと

■独立する業種を決定する
その仕事が自分に向いているか、ずっと続けられる内容か、資本金が用意できるかどうか、将来性やニーズがあるか調査した上で決定する。

■資金計画と独立の計画を立てる
条件によっては、行政の助成金も利用できる場合があるので、可能なら申請する。

■予定業種の許認可を得る
飲食業やリサイクル関係には、調理師や衛生関係、古物商関係の資格が必要。
開業に必要な資格や申請について調べておきましょう。資格取得には時間がかかるので、できるだけ早めに勉強して取得しておくことが重要です。

■家族に相談する
家族に相談してサポートを受けられるかどうかも確認しておく。
初めは売上も少なく、人件費もかかることから家族の労働支援があると経費も抑えられるので助かります。
サポートを受けられない場合でも、迷惑をかけることもあるので必ず相談して断っておきましょう。

失敗するのはこんな人

「有名なFCだから安心」と、よく下調べもせずに安易な気持ちで事業を始めてしまう人がいますが、マーケティングや計画を練ることはとても大切です。
高いFC加盟料を払ったからといって、必ずしも成功する訳ではないのです。

■失敗しやすい人

  • 何をするにも計画を立てていない人
  • 誰にも相談せずに決めてしまう人
  • 他の人が成功しているからと自分でもできると勘違いする人
  • 利益率に注目してしまって、将来性や運営コストを考えていない 人
  • 「FC料の高さ=成功度の高さ」と思っている人
  • 他人のアドバイスを聞かない人
 
独立に最適なフランチャイズ業種の選び方