独立しても失敗しないフランチャイズを選ぶために

HOME » 独立・起業で成功するための要件 » 独立開業のためのQ&A

独立開業のためのQ&A

店舗物件の探し方や行政の助成金を利用しての資金調達など、フランチャイズの独立開業で気になるポイントをQ&A方式にし、わかりやすくまとめました。

ぜひ参考にしてみてください。

独立開業前に知っておきたいこと

Q1)初心者なので、どのような場所・店舗を探したらいいかわかりません。
A1) FC本部側で、立地条件や顧客層を事前に調べて、集客を見込める物件を用意してくれます(探してくれないFCや起業支援のないFCは避けるべき)。
用意できる資本金などを明確にし、事業計画の相談にのってもらったうえで物件を決めるべきです。独立開業にあたって立地条件はとても重要なことです。

Q2)行政の助成金申請方法や応募条件、一般的な資金調達について知りたい。
A2) 良心的なFCでは、資金調達についてももちろんアドバイスをしてくれます。そのようなサポートをしていないようでしたら、会社設立の専門家に相談するのがベストです。
会社設立の手続きを依頼すれば、税金や行政の助成金についても無料でアドバイスをしてくれる税理士事務所もあるので探してみましょう。
手続きが複雑なことも多いので、専門家に依頼するのが確実です。

Q3)会社を設立したほうがいいの?資本金はいくら位用意するべきか教えて欲しい。
A3) 法人を相手にする業務でしたら、法人化したほうが信頼度が増して有利です。
1千万円以上の資本金で設立すると税金もかかってくるので、売上状況に合わせて検討したようがいいと思います。
資本金1円でも株式会社は設立可能ですが、運転資金として必要な額を目安に考えるといいでしょう。

Q4)会社の設立方法を知りたい。
A4) 株式会社設立には2種類あります。「発起人設立」と「募集設立」です。
どちらを選ぶかによって必要になる書類や申請が違ってきますが、一般的には手続きがしやすい「発起人設立」を選ぶ人が多いようです。

Q5)税金について相談し、節税につなげたい。
A5)FCの経営サポートでもちろん、税金についても相談できるはず(相談できるところが安心なので、FC選定の際に確認しましょう)ですが、サポートがないようでしたら税理士に相談しましょう。
専門家なら経営上の相談もできるので、自分にあった税理士事務所を探してみてはいかでしょうか。

 
独立に最適なフランチャイズ業種の選び方